世間から注目されている理由

アレンジメントフラワー

西畠清順は植物のコレクターとして知られている人になります。正式な名称はプラントハンターと呼ばれる名前で単に植物を海外の購入するのではなく、海外の山地などに生き珍しい植物をとってくることです。このように植物をとる人は少なくありませんが、危険な場所にまで行ってとる人はあまりいません。そのような意味において、非常に個性の強い人といえるでしょう。山などからとってきた植物は、日本で育てるようにしています。気候によって育ち方が違う植物がたくさんありますが、よりその植物に適した温度や湿度などを考えて植物を育てているのが特徴です。そら植物園と呼ばれるところを所有しており、その植物園で様々な植物が育てられています。

様々なイベント行っている

アレンジメントフラワー

植物ハンターとして知られている西畠清順は、日本各地で様々なイベントが行われています。その中では、自分が取ってきた植物や日本ではまだあまり見ることができない植物などを紹介しており、多くの人に植物の楽しさを感じてもらうように工夫をしているのが特徴です。そのため、今まで植物に興味がなかった人でも、世界の植物に驚き興味を持ち出す人が増えてきました。それ以外でも書籍などを発行しているため、気になる人は1とよんでおいてもよいでしょう。

どのように植物を購入するか

女性

西畠清順の育てている植物を購入する場合には、そら植物園に行くことが必要になります。実際に植物の状態を見て、よさそうな植物を選べば契約が成立します。基本的に現金払いになりますので、お金をしっかりと持っていくべきです。ただ植物によっては、日本の環境になじまないものもありますので、育て方がわからないとすぐに枯れてしまう可能性もあります。あまり見たことがない植物を育てる場合に関しては、事前に育て方をよく聞いておくとよいでしょう。

植物園に行く時の準備

アレンジメントフラワー

植物園に行くときには、特別準備をすることはありませんが少なくともそれぞれの植物に興味を持っておいた方がよいです。日本の植物などはいくつかありますが、やはり東南アジアや南の国などでとれた植物がよく飾られている傾向があります。植物園に行くためには、鉄道で現地に行ってもよいですが、基本的には自動車の方が便利になります。西畠清順を作品を見る場合には、兵庫県が遠いならばわざわざ兵庫県に行かずとも見ることができる場所があるでしょう。例えば大阪の梅田の中に西畠清順が手掛けた植物などが置かれていることがあります。また東京で言えば、八王子などでも植物が置かれているときがありますので、確認をしておきましょう。

広告募集中